MENU

ノンエーを使って正しく洗顔!これがニキビを早く治す方法?

 

 

 

「ノンエーを使って正しく洗顔?」

 

「ノンエーで洗顔する際の注意点?」

 

 

 

ノンエー石鹸で洗顔するときに大事なのは、もちろん、きめ細かい泡を作ることですね。これは、基本の「キ」ですね。泡立てネットも特典で付いてくるので、慣れればすぐに弾力のある泡が作れるはずです。

 

ただ、その洗顔の仕方には少し注意する点があります。なので、今回は、ノンエーを使って正しく洗顔する方法と、その注意点なんかをお話ししたいと思います。

 

 

 

 

ノンエーを使って正しく洗顔する方法?

 

 

まず、さっきも言いましたが、特典で付いてくる泡立てネットできめ細かい泡を作りましょう。上の動画を参考にしてください。で、出来上がったら、まず先にその泡の一部をTゾーンにつけておいてください。こうすることで、皮脂の多い部分もキレイに汚れを落とすことができますよ。

 

もちろん、Tゾーンが脂っこくなければ特にしなくてもいいんですけど、顔全体を同時に洗顔してしまうと、どうしてもTゾーンの部分だけ皮脂汚れが落ちないこともありますからね。

 

 

で、もちろん、ゴシゴシこするようなことはしないで、泡の弾力で洗うように心がけてください。

 

 

ここを意識しないと、知らない間にゴシゴシしていますよ。仕上げは、ぬるま湯でサッと洗い流せばいいだけで、簡単に洗い流せるのもノンエー石鹸の特徴ですね。そのあとは、いつものスキンケアをしてください。で、ちょっとだけ注意する点もあったりします。

 

 

 

 

ノンエーで洗顔する際の注意点?

 

 

 

もともと石鹸で洗顔すると、いくつかのデメリットがあります。洗浄力だったり、弱アルカリ性だったり、お肌がつっぱったりしたりするんですね。このことに関してはこの記事でも書いているので、参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 

で、このデメリットを踏まえて上で、なにを注意するのかというと、

 

 

 

「洗顔にあまり時間をかけない!」

 

 

 

ってことですね。ニキビができていると汚れが落ちているのかどうか、余計に不安になるのはわかりますけど、時間をかけすぎてクルクルしていると、逆に皮脂を取りすぎちゃうことになりますよ。そうすると、結果的にお肌が乾燥して、ニキビの原因にもなってしまうので注意が必要ですね。ちょっと足りないかな?っていうぐらいが、意外とちょうど良かったりしますよ。

 

 

あとは、さっき言ったように、

 

 

「先にTゾーンに泡をつけて、頬やUラインは軽めに」

 

 

私はにとっては、こんな感じがとっても良かったんですけど、使い続けていくなかで、あなた自身の「いい感じ」を見つけてくださいね。そうすれば、特に問題もなく、快適に洗顔ができると思いますし、続けていくことでお肌が育ち、ニキビのできにくいお肌を取り戻せると思います。

 

 

 

 

 

ノンエーを買う前に知っておくこと!

ノンエーをあの商品と徹底比較!

ノンエーを最大限活用する!

このページの先頭へ