MENU

石鹸派?洗顔フォーム派?その効果の違いは?

洗顔石鹸,洗顔フォーム

 

 

 

みなさん、洗顔は何をお使いですか?洗顔というと、市販されている多くの商品がクリーム状の洗顔フォームですよね。最近では泡で出てくるタイプの洗顔も登場し、より手軽になってきています。また、洗顔石鹸も根強い人気があり、売上げは両者拮抗というところでしょうか。

 

 

石鹸とフォームの違いは配合されている「界面活性剤」によって分けられます。

 

界面活性剤とは、水と油の境界面を混ぜて乳化し油汚れを取る洗剤のことです。通常、水と油は混ざりませんが、界面活性剤を入れると白く乳化して混ざります。

 

 

一番わかりやすいのが、クレンジングオイルですね。乾いた状態でメイク(油分)になじませると、メイク汚れが浮いてきます。そして水を加えると、界面活性剤のおかげで乳化し、洗い流すことができるのです。

 

では今回はその2つの違いについてまとめてみました。

 

 

 

洗顔フォーム派

 

洗顔石鹸,洗顔フォーム

 

 

フォームは泡立てネットや泡立てボールを使わなくても泡立ちが良く、洗浄力もかなり高め。値段もピンからキリまでさまざまあります。保湿成分が配合されていることが多く、洗い上がりがさっぱりしていて、肌が乾燥しにくいのが特徴です。

 

 

 

と、良いことづくめのように感じますが、実は「落とし穴」があるんです!

 

 

 

それは成分!

 

ほとんどの洗顔フォームには「合成界面活性剤」が配合されていますので、敏感肌の人は肌荒れを起こしやすかったり、肌が弱くなる可能性も!

 

手軽で価格もお手頃とくればかなり魅力的ですが、自分や家族の肌質をよく見極めて使うようにしたいところですね。

 

 

なんで「合成界面活性剤」はお肌に悪いの?

 

 

そもそも界面活性剤というのは、水と油をつなぎ合わせるもので、その力を活用して汚れを落としています。

 

で、石鹸は天然由来の「界面活性剤」を使って、洗顔フォームは石油系の「合成界面活性剤」を使っているわけです。

 

この「石油系」だとコストが抑えらるため、食器洗剤とか幅広く使われているわけで、あなたも「食器用洗剤で手が荒れた!」なんて経験もあるかもしれませんが、それぐらい洗浄力が強いんですね。

 

 

でもですよ、この洗顔フォームって使い終わりは「お肌がしっとり」していませんか?

 

これもとても「巧妙なワナ」で、お肌に残った合成界面活性剤は、水や油と仲良くできる性質を持っているので、お肌の水分や細胞内の脂質とイイ感じに結合できるため「しっとり感を演出」し全然ツッパリ感がないんですね・・・

 

 

 

「ホントは人工的に作り上げられた【しっとり】なのに・・・」

 

 

 

これを繰り返すことで、お肌の水分はドンドン失われ超乾燥することでニキビの原因になったりしちゃうわけですね。

 

 

 

 

 

 

洗顔石鹸派

 

洗顔石鹸,洗顔フォーム

 

 

その名の通り、見た目はボディ用の石鹸とあまり変わりがありません。中には固形ではなく、クリーム状の石鹸もあるので少し注意が必要ですね。泡立ちは良く、ネットやボールを使うと、きめの細かいモコモコ泡が作れます。

 

石鹸の洗浄力は弱いといわれていますが、汚れはしっかり落ちますよ!

 

 

石鹸はモノによって値段が違いますが、総じてフォームよりも高く、手にしにくいという難点があります。それなのに、近年では洗顔石鹸のほうが人気があるという人もいます。理由は、石鹸が天然由来成分で汚れを落とすからです。

 

洗顔石鹸の一番の魅力は、天然成分を中心に作られていること。ケミカルなものが排除されているので、洗顔石鹸は肌が弱い敏感肌の人に向いています。どんな成分が含まれているのか、下記の記事で確認してみてくださいね。

 

 

 

洗顔フォーム、洗顔石鹸、そのどちらを使うにしても、自分の肌に合って洗うたびに気持ちよく心癒される洗顔料を見つけてください。きちんと汚れを落とすことが美肌への第1歩です♪

 

ノンエーを買う前に知っておくこと!

ノンエーをあの商品と徹底比較!

ノンエーを最大限活用する!

このページの先頭へ