MENU

ノンエーに副作用や肌荒れの心配は?特定の人には劇薬!?

ノンエー,副作用

 

 

 

どのスキンケアでも、万人の肌に合うものはありません。ノンエーの洗顔石鹸も、石鹸だからといって全員の肌に合うわけではないので、事前にしっかり成分などを確認する必要があります。

 

 

一般的に、化粧品には「副作用」という言葉はあまり使いません。化粧品は化粧品であり、薬品ではないからです。

 

しかし、研究が進み、化粧品でも肌に何らかの影響を及ぼすことがわかっている昨今、肌トラブルが社会問題化しているので、あえて「副作用」という人もいます。

 

 

さて、化粧品での肌トラブルは、そのほとんどが「アレルギー反応」です。アレルギーは、体調の良し悪しでも出ますし、本来、体に無害なものでも人によっては重度の反応が出てしまう人もいますので、やはり「体質」「肌質」の問題ですね。

 

 

ノンエーの洗顔石鹸も肌に優しく敏感肌の人でも使える、とうたっていますが、はたしてどうなのか?くわしく調べてまとめました。

 

 

 

 

 

まずは、ノンエーの全成分を確認

 

ノンエー,副作用

 

 

ノンエーの洗顔石鹸の主要成分は「グリチルリチン酸ジカリウム」です。これは漢方薬や風邪薬にも含まれていて、ステロイドに似た抗炎症作用があります。また、甘みがあり漬物などの加工食品への甘味料としても使われています。

 

結構強い成分ですので摂りすぎはあまり良くありませんが、石鹸に配合されている程度だったら問題ないでしょう。

 

 

このことからもわかる通り、かなり信頼度の高い成分なので安心して使えますね。ただ、ステロイドにアレルギーがある方は、使う前に必ずパッチテストを行うか、購入した際についてくるお試しの小さいサイズの石鹸から使って様子を見ましょう。

 

 

 

ちょっと気になるのは、「ダイズエキス」ですね。

 

ダイスエキスも化粧品にはよく配合されていますが、豆類にアレルギーがある方もパッチテストを行い、反応が出ないか確かめたほうがいいと思います。大豆に含まれているイソフラボンは、しわやシミを抑えて美肌効果を促進しますが、女性ホルモン様物質のため、アレルギー反応が出る方も多いと聞きます。

 

 

以前、小麦エキスで大変な肌荒れを起こし問題となりましたが、小麦や大豆類は、本来人間の体にとって必要な成分なんです。

 

しかし、過剰摂取や環境変化にともない、特定の人には劇薬以上の重篤な反応を起こしてしまうこともあり注意が必要です。

 

 

 

 

ノンエーの洗顔石鹸による副作用や肌荒れのまとめ

 

ノンエー,副作用

 

 

いかがでしたか?もともと配合成分が少ないので、それだけ肌への影響も少ないと思います。また、防腐剤のパラベンを使っていないので、それも少し安心感が高まりますね。もちろん不安な人は事前にパッチテストをして、反応を確かめてから使ってください。

 

 

ただ、口コミを見ても肌荒れや副作用を起こした方はかなり少ないですし、お肌に優しい無添加だから、そこまで心配する必要はないと思いますよ!こちらのみんなの口コミもチェックしてみてください。悪い口コミも意外と参考になりますよ。

 

 

 

 

 

ノンエーを買う前に知っておくこと!

ノンエーをあの商品と徹底比較!

ノンエーを最大限活用する!

このページの先頭へ