MENU

ノンエー石鹸と普通の石鹸の違いってなに?

 

 

 

「ノンエー石鹸と普通の石鹸の違いってなに?」

 

 

 

私もはじめて洗顔石鹸を使ってみよう考えたときに、普通の石鹸じゃダメなの?って思いましたよ。CMでたくさん流れているDoveとかでも良さそうな気がしますよね。

 

 

ただ、よくよく調べてみると、やっぱり、この2つの間には「大きな違い」がありました。まぁ、当然といえば当然なのかもしれないけど、ちょっと調べてみたので参考にしてください。普通の石鹸は使えなくなりますから^^;

 

 

 

 

皮膚には厚みがあるから、そもそも用途が違う!?

 

 

 

知ってましたか…?

 

 

「皮膚の厚みは体の部分によって違うんです!」

 

 

あっ?知ってましたね(苦笑)たとえば、手のひらや足の裏なんかは他の部位と比べて皮膚が厚いと言われています。逆に、目の周りなんかは、手のひらの半分の厚みしかないんですね。だから、目の下がくすみやすかったりするんですね…今知った^^;

 

 

しかもですよ、顔というのは、いっつも外気にさらされているから、どうしても洋服で隠れている体と違って、顔には汚れが付きやすくなってしまいます。特に、私たちはメイクもするから、余計に汚れていますしね。

 

 

でも、普通の石鹸でも汚れぐらいは落とせるはずですよね…じゃあ、ノンエー石鹸と普通の石鹸の違いって、なんでしょうかね…

 

 

 

 

ノンエー石鹸と普通の石鹸の違いはこれだった!?

 

 

まず、この2つの間には決定的な違いがあります。それは、

 

 

「泡に違いがあるんです!」

 

 

ちょっとこの泡を見てください。

 

 

 

 

 

 

ノンエーを使うと、こんなきめ細かい泡が、簡単に作ることができるけど、普通の石鹸できめ細かい泡を作ろうとしても、きっとうまく作ることができません。というのも、そもそも普通の石鹸は体の汚れを落とすために作られているので、ゆるい泡でも汚れが落ちるからこれで十分なんですね。

 

 

でも、顔は違いますよね。さっきも言ったように、メイクの汚れや外気による汚れが付いています。これをキレイに落としてあげるためには、「きめ細かい弾力のある泡」が必要なんです。

 

きめ細かい泡が汚れを吸着して洗い流し、皮膚が薄いお肌を弾力のある泡で傷つけないようにしているんです。

 

 

さらに、皮膚が薄いお肌を守るために、ヒアルロン酸などのうるおい成分を配合して、

 

 

「お肌の汚れをキレイにしながらみずみずしさを保つ!」

 

 

こんな難しいことをしているんですね。しかも、普通の石鹸って良い匂いがするけど、ノンエー石鹸は匂いなんてしません。これは、お肌のことを考えて、香料を入れないようにしているんですね。

 

もちろん、ノンエー石鹸はお肌のことを第一に考えて作られているので、香料などの添加物は、お肌の刺激になるので無添加ですし、もちろん、ノンエー石鹸の有効成分はたっぷりですよ!まぁ、ここまでの話を聞いて、普通の石鹸で洗顔にチャレンジするひとは、きっといないとは思うんですけどね^^;

 

 

 

 

 

ノンエーを買う前に知っておくこと!

ノンエーをあの商品と徹底比較!

ノンエーを最大限活用する!

このページの先頭へ